一人で悩まず債務整理で解決!東京都内のおすすめ相談先は岡田法律事務所

借金の悩みは一人で抱えず債務整理をすることが大切!

債務整理,東京,おすすめ

 

どうやって借金を返していけばいいのかわからない・・・

 

そんな風に一人で悩んでいませんか?

 

 

現在抱えている借金の返済をどうしても行えなくなってしまった時は、
債務整理を行うことをおすすめします。

 

これは法的に認められている借金の解決手段です。

 

この債務整理によって、現在の返済能力で返していける範囲まで債務を減額することや、
全ての債務の返済の免責を受けることができます。

 

債務整理には大きく別けて3つの種類があります。

 


債務整理の3つの種類

 

まずは『任意整理』

 

これは弁護士や司法書士に依頼をして債権者と話し合いを行ってもらい、
現在の債務の減額と、その後の金利の免除を求める手段です。
これは全ての債権者に対して行う必要はなく、原則的に借入額が大きい順に行っていきます。
1件ごとに費用は掛かりますが、全ての債権者と行う必要はなく、
特に大きい借入のある債権者に対して無理のない返済が可能な範囲まで債務の減額を求めます。
任意整理という名称の通り、結果は実際に交渉を行う弁護士や司法書士の腕次第のところがある為、
今までに任意整理の実績がある法律事務所や法務事務所に依頼することが大切です。
また交渉は全て代理となる担当者が行うので、債権者とは顔を合わせることなく行えます。

 

 

次に『民事再生』

 

これは任意整理と同様に債務の減額と将来的な金利の免除を求める方法ですが、裁判所を通して行うことになります。
任意整理とは違い、債務額によって返済を行う額や返済期間が決められています。
また再生計画案を提出する必要があり、この案に対して過半数の債権者が反対した場合は行うことができません。
何度も裁判所に通う必要があり、任意整理より行うハードルが高いと言えるかも知れませんが、
任意整理より多くの債務の減額を受けられることが多いです。

 

 

そして『自己破産』

 

多くの人が言葉そのものは知っているのではないかと思います。
自己破産をすることによって一切の債務の返済の免責を受けることが可能ですが、
これを行うには20万円を超える価値があると認められた一切の私財を処分する必要があります。
持ち家の場合はもちろん、自動車の所有も基本的に許されません。
ローン中であっても同様です。
預金も20万円を超える分は全て返済に回されます。
ですが収入がない場合でも行うことができるので、一度全てをリセットして再出発したい場合にはこの手段が一番有効です。

 

任意整理や民事再生を行うには、現在定期的な収入があることが条件になります。
無理なく返済を行える範囲まで債務を減額することが目的なので、
債務は減額されますが、残りの分は支払わなくてはいけない為です。

 

またどちらの場合も持ち家や自動車などの私財を処分する必要はなく、
ローン中の場合はそのローンは原則的にそのまま残ります。

 

自己破産までは行いたくない場合や、減額さえ受けられれば返済を行えるという場合であれば、任意整理が一番です。

 

裁判所を通すこともなく、債権者との対応は全て代理人が行ってくれます。
また対象にする債権者やその内容も自由の為、比較的行いやすい債務整理であると言えます。

 

借金の返済に困ってしまった場合、まずはこの任意整理を行うことを考えてみましょう。

 


借金問題の悩みは一人で抱えない

 

借金問題を解決する上で気をつけなければいけないのが、

 

「一人で悩まない」

 

ということです。

 

借金という性質上、中々他の人には相談しづらいかもしれませんが、
一人で悩んでいても思い詰めてしまうだけです。

 

債務整理に掛かる費用を心配される方もいらっしゃると思いますが、
岡田法律事務所のような初回相談無料の事務所も中にはあります。

 

岡田法律事務所は東京にあるため、東京都内の方はもちろんですが、
全国対応しているため、東京以外の方でも相談可能です。

 

借金が返さずどうしたら良いかわからない、
それならまずは無料相談できる事務所に相談してみることをおすすめします。